物忘れ、認知症のことなら由布物忘れネットワーク

ゆ!
物忘れ、認知症のことなら由布物忘れネットワーク
AyakaItai

 認知症に対応した地域医療体制を構築するためには、医療、福祉、地域住民、 行政などの他職種間で有機的に連携する必要性が求められています。


 由布市では、認知症患者とその家族を地域で支えるシステムを構築しようと平成21年12月に「由布物忘れネットワーク」が設立されました。 大分大学医学部の認知症専門医の指導、助言のもとに、かかりつけ医が中心となって、地域で認知症の早期発見、 適切な診断、治療ができるシステム構築や、せん妄などの周辺症状が急に増悪した場合にも、 かかりつけ医で適切な対応が可能になるための研修会などを、定期的に開催することとなりました。


 こういったシステム構築には行政主導ではなく、中核的な役割を担う医師の積極的な参加が重要であり、 それを事務的にサポートする協力体制を地域で話し合い、皆で役割を分担し連携する必要があります。



新着情報